ミクロの百日間戦争

ミクロマンやそれにマッチする小物類のレビューなどをつらつらと…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

やまとマクロスシリーズ クァドラン・ロー マックス機

1

チョースケ「うぉっほん。注文しておいた『私専用』のマシンが調達出来たそうだな」

シロウ「ああ、物はバッチリ用意しといたぜ。こっちに来てくれ」

やまとマクロスシリーズ クァドラン・ロー マックス機…の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

ミクロマン小物 | コメント:8 | トラックバック:0 |

クライシス2 ノーマッド・ナノスーツ

1

本日はユニマックストイズから発売された、ゲーム「クライシス2」に登場する「ノーマッド・ナノスーツ」のフィギュアを紹介します。

クライシス2 ノーマッド・ナノスーツ …の続きを読む

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

ミクロ流用 | コメント:4 | トラックバック:0 |

ミクロボーイ・ピーター

1

アジアで最も危険なミクロ居住区・鬼蓮街。ただ日々を生きていくだけでも危険の伴うこの街は、子供たちにとって過酷な環境といえる。そんな状況の中、子供たちを取り纏めて、強かに、大人を出し抜きながら生きているのがミクロボーイ・ピーターである。

ミクロボーイ・ピーター…の続きを読む
ミクロマン | コメント:5 | トラックバック:0 |

MARVEL UNIVERSE MASTERWORKS 16inch SENTINEL with WOLVERINE

1

チョースケ「つ、遂に例のブツが到着したとは本当か?!」

ミリフォ「ハッ! こちらでございます」

MARVEL UNIVERSE MASTERWORKS 16inch SENTINEL with WOLVERINE…の続きを読む

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

ミクロマン小物 | コメント:2 | トラックバック:0 |

リボルテック マブラヴ オルタネイティヴ 武御雷 Type-00R 政威大将軍専用機

1

00式戦術歩行戦闘機「武御雷」(たけみかづち)
82式「瑞鶴」の退役を控えて開発された帝国斯衛軍専用の第3世代純国産戦術機。途轍もなく高性能な戦術機であり、斯衛軍のシンボルともなっている。斯衛軍の戦術思想を反映するかのように剣術を主体とした近接格闘性能に特化しているが、その反面、自律誘導弾システムや追加装甲(盾)の装備・運用はほとんど考慮されておらず(ただし、国連軍A-01部隊に貸与された一部の機体には追加装甲を携行したケースも見られる)、また、整備性・生産性・汎用性を犠牲にしてでも高性能化を極限まで追求した設計のため、機体を稼動させるには職人的技術を持つ専属の整備チームが随伴するほどの高度な整備支援体制が必要となることからも、恒常的な運用はほとんど日本帝国国内に限定されているともいえる。年産30機程度の生産が限度のため、2001年現在、将軍専用機及び五摂家出身者、五摂家の警護を担当する独立警備小隊、斯衛軍最精鋭とされる第16斯衛大隊にのみ配備される程度にとどまっている。

この「武御雷」は将軍専用機(紫)及び五摂家(青)のR型、五摂家に近い有力武家(赤)と譜代武家(黄)のF型、一般武家出身者(白)のA型、武家出身ではない一般衛士用(黒)のC型等、衛士の出身によって冠位十二階に準じた色分けがされているが、これは周囲に展開する兵士の士気を高揚させると同時に、操縦する衛士自身にも「出身に恥じない戦い」を心がけさせる心理的効果を狙う側面もある。また、将軍専用機及び五摂家が使用するR型と武家以上の衛士が使用するF・A型、一般衛士用のC型では頭部の装飾・形状や装甲の表面処理方法、機体出力(性能)などに違いがあり、その中でも将軍専用機である紫のR型に至っては完全なワンオフチューンアップが施され、生体認証によるロック機構まで備えている(wikipediaより抜粋)

リボルテック マブラヴ オルタネイティヴ 武御雷 Type-00R 政威大将軍専用機…の続きを読む

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

その他 | コメント:2 | トラックバック:0 |

タマゴラス

1

アカツキ「ん? なんだ、この卵?」

タマゴラス…の続きを読む

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

ミクロ流用 | コメント:3 | トラックバック:0 |

超像可動 ジョセフ・ジョースター

1

1920年9月27日、イギリス生まれのイギリス系アメリカ人。身長195cm 体重97kg。ジョナサン・ジョースター、エリナ・ペンドルトン夫妻の息子であるジョージ・ジョースター2世と、母エリザベス(リサリサ)の間に生を受ける。

イギリス空軍のパイロットだった父(ジョージ・ジョースター二世)は、ジョセフが生まれて間もない頃に軍に潜んでいた屍生人(ディオの配下だったゾンビ)に殺害され、母のエリザベスもある事情から死んだことにされていた。そのため幼少期・少年時代は祖母エリナの手で育てられ、エリナに対して深い尊敬の念を抱いている。

容姿は祖父ジョナサンによく似ているが、ジョナサンと全く異なり、アメリカ人のスモーキー・ブラウンから「イギリス人とは思えない」と評されるほど軽い性格をしている。態度も紳士的とは言い難く、目上の人間に対しても常に茶化すような接し方をしている。しかし、黒人であるスモーキーに対しても分け隔てなく友情を示し、仲間を守るためには自らを犠牲にすることも厭わないなど、その奥底にはジョナサンと同じ正義の心が見て取れる。

相手の裏をかくことが得意で、戦闘においてはマジックやイカサマを応用し、一見劣勢に見えながらも、相手に気づかせず周到な罠を張り巡らせるといった頭脳戦を展開する。また先読みの才能もあり、相手が次に口に出そうとする言葉を予測して先に言ってみせるという心理トリックじみた台詞回しをよく行う(ジョセフ「次におまえは○○と言う」または「次のてめーの台詞は○○だ」→相手「○○…ハッ!」)。その一方で、劣勢に陥ったら正面からのぶつかり合いを諦め、戦闘から逃走しようとする一面もある。その際に発する「逃げるんだよォォ!」の台詞も印象的であるが、その隙に打開策を練ったり、罠を仕掛けたりと、いわゆる「戦略的撤退」であって、戦闘を完全に放棄して逃げ出したことは一度もない(wikipediaより抜粋)

超像可動 ジョセフ・ジョースター…の続きを読む

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

その他 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。