ミクロの百日間戦争

ミクロマンやそれにマッチする小物類のレビューなどをつらつらと…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

髑髏の騎士(ライオネル&ボールス)

1

様々な魑魅魍魎が跋扈する鬼蓮街。そこに最近新たに加わった異形の噂がある。双頭の骸骨の騎馬に跨り、死神の如く鎌を振るって生者の命を奪う髑髏の騎士の噂。それが真実かどうかは定かでは無いが、決して確かめてはいけない。何故ならば髑髏の騎士と出会うという事は、「死」に直面するという事に他ならないのだから…。

髑髏の騎士(ライオネル&ボールス)…の続きを読む
スポンサーサイト
ミクロマン | コメント:4 | トラックバック:0 |

ULTRA-ACT グレンファイヤー

1

身長:48メートル
体重:4万8000トン
燃えるマグマの魂を持つ、炎の戦士。何よりも自由を愛し、炎の海賊の用心棒をしながら仲間達とともに銀河を飛び回っている。粗暴で口が悪く、自分が認めた相手としか話をしない主義だが、認めた相手に対しては信頼や尽力を厭わずに行う、義理堅い性格。またウルティメイトフォースゼロの中でもムードメーカー的存在であり、戦闘中でも軽口をたたけるほど。炎の星の出身で、胸の奥にある「フャイヤーコア」は、感情が最高潮に達した時、自らの力が本当に必要とされる時に発動する。炎を自在に操る能力を持つ(wikipdiaより抜粋)

ULTRA-ACT グレンファイヤー…の続きを読む

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

その他 | コメント:4 | トラックバック:0 |

やまと 1/60 デストロイド・トマホーク

1

2009年を舞台にする『超時空要塞マクロス』に登場する重装砲撃型デストロイド。型式名MBR(Main Battle Robot)は現用の主力戦車、MBT(Main Battle Tank)に由来する。機体前面に各種武装を配し、集中的火力により中・近距離域の敵陸上兵力を殲滅する。

Mk.IVは初めて制式採用されたデストロイドシリーズの主力機であり、MK.Iの両腕を荷電粒子ビーム砲に置き換え、更なる火力向上を図っている。格闘能力の低下は、胸部ガンクラスターの機関銃やグレネードランチャー、火炎放射器などの近接兵器で補っている。肩腕部はウェポンベイとして随時換装可能で、04系の特徴である上半身の独立した燃料発電機により稼動する。Mk.VIは出力強化型で、右肩にエリコーン対空自己誘導ミサイル6連発オプションパックを装備している。

主力戦車的な機体であり、6連対空ミサイルを持つとはいえ04系の中ではマクロス艦上ではもっとも防空任務に不向きであったが、ダイダロスアタック時には最前列に陣取り、水平方向への強力な攻撃力を見せつけた。

カメラアイをおおう偏光シールドは、試作型と先行量産型は赤色系の光を外部に反射するが、量産型では緑色系の光を反射する等、初期型と後期型では仕様の差異が存在する(wikipediaより抜粋)

やまと 1/60 デストロイド・トマホーク…の続きを読む

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

その他 | コメント:3 | トラックバック:0 |

クライシス2 アルカトラズ・ナノスーツ / C.E.L.L.

1

本日はユニマックストイズから発売されている、ゲーム「クライシス2」のフィギュアから、アルカトラズ・ナノスーツとC.E.L.L.を紹介します(それぞれ別売り)

クライシス2 アルカトラズ・ナノスーツ / C.E.L.L. …の続きを読む

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

ミクロ流用 | コメント:0 | トラックバック:0 |

PLAY ARTS改 アダム・ジェンセン

1

元警官でSWATに所属していた過去を持つ。SWATでの作戦中に起きたある事件の責任を問われ退職。その後元彼女であり、サリフ・インダストリーに所属する科学者でもあるミーガン・リードの勧めもあり、サリフ・インダストリーのセキュリティーチーフの職に就く。
サリフ・インダストリーへの襲撃事件が起きた際は、社長のデヴィッド・サリフの密命により極秘ミッションに従事。ミッションの最中何者かの攻撃を受け瀕死の重傷を負い、自らが望むことのないまま人体拡張技術「オーグメンテーション」の処置を施され一命をとりとめる。事件から6ヶ月後、仕事に復帰。襲撃事件に関与した人物を追い孤独な戦いを始める。

PLAY ARTS改 アダム・ジェンセン…の続きを読む

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

その他 | コメント:2 | トラックバック:0 |

『バルドバレット イクリブリアム』限定版付属セルゲイ・カークランド専用HAWS-MG

1

本日はPS2のゲーム『バルドバレット イクリブリアム』の限定版に同梱されているセルゲイ・カークランド専用HAWS-MGのフィギュアを紹介します。

『バルドバレット イクリブリアム』限定版付属セルゲイ・カークランド専用HAWS-MG…の続きを読む
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

figma 伊藤カイジ

1

高校卒業後に上京したが、定職に就かずしょぼい酒と博奕に明け暮れ、街で見かけた高級車(主にベンツ)を悪戯でパンクさせエンブレムを盗むことで憂さを晴らす、行き詰まった最低な日々を過ごしていた青年。友人・古畑の借金の保証人になった為に肩代わりをする羽目となりその返済の為に遠藤にギャンブル船エスポワールに招待されたことを機に、危険なギャンブルの世界に足を踏み入れていく。初登場時(1996年3月)は推定21歳。遠藤の調べでは父親はいないがパート勤めの母親と公務員の姉がいるとされている。
平穏な環境では怠惰で自堕落なダメ人間だが、命が懸かった極限の状態に置かれると並外れた度胸と博才を発揮し、思考を積み重ねた果ての論理と、天才的な発想による「勝つべくして勝つ策略」を以って博奕地獄を必死に戦い抜いていく。
どんな状況であろうと信頼した人間を裏切ることは決してせず、己の利を蹴ってでも救おうとする、良く言えば心優しい、悪く言えば甘い性格である。その為、信頼を寄せた人間に裏切られる経験を何度も繰り返しており、度々苦い思いを味わされている。
数々の死闘を経て、左頬など体の複数の箇所に痛々しい傷跡がつき、ギャンブル中毒になっている一方で、裏世界では多少名を馳せるようになった。また、偶然・必然を問わず、挑む勝負には悉く「帝愛」の存在があり、死闘を重ねる度に切るに切れない縁を痛感している(wikipediaより抜粋)

figma 伊藤カイジ…の続きを読む

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

その他 | コメント:3 | トラックバック:0 |

超像可動 シーザー・アントニオ・ツェペリ

1

ジョセフの親友で波紋使い。Part1に登場したウィル・アントニオ・ツェペリの孫で、父はイタリア人のマリオ・ツェペリ。1918年5月13日生まれ(1938年が舞台なので20歳)。身長186cm 体重90kg。両の頬に変なアザがある。

ガールフレンドがたくさんいるナンパ男だが、波紋の師であるリサリサのことは母のように慕っている。軽い性格のジョセフとは当初打ち解けなかったが、ワムウとの初戦においてジョセフが自身を囮にスピードワゴンと自分を助けようとしたことを機に彼を見直すようになり、リサリサの下での修行を通して無二の親友となった。初登場の時点で波紋法を習得しており、シャボン玉を媒介とした波紋の攻撃を得意とする。いつでもシャボン玉を出せるよう、衣服には石鹸水を仕込んでいる。

かつては家族と共に幸せに暮らしていたが、シーザーがもっとも尊敬していた父親が理由も告げずに突如失踪した(家族のための生活費は残していたが、悪い親戚に騙され奪われた)ことから父親を憎み、性格が荒れ放浪するようになる。孤児院に収容されるもその施設を脱走し、ローマの貧民街で(殺人以外の)犯罪に明け暮れる荒んだ青春を送る。このときに行った幾度ものケンカで素拳での一撃を恐れられており、すでに波紋の才能の片鱗を見せている。そして16歳のときローマで父・マリオを発見するが、シーザーが不用意に柱の男に近づいて吸収されそうになったところをマリオが庇い、壁に引きずり込まれ柱の男に捕食され死亡してしまう。このときシーザーは、父親が自分や家族を捨てたのではなく柱の男や吸血鬼との戦いに巻き込まないため自分達に何も告げずに去ったことを知り、祖父と父の遺志を継ぐことを決意する。シーザーを庇う際、切迫した状況のせいか年月のせいかは定かではないが、マリオ自身はシーザーのことを息子と気付かずに死んでいった。しかし、赤の他人さえ命をかけて助けようとしたマリオの気高い精神はシーザーへと受け継がれた。それまでは父を恨み自ら「姓なんて無え」といっていたが、この事件以後は父およびその血統を強く誇りとするようになり、それを侮辱するものには容赦をしないようになった。

罠を承知でカーズたちの隠れ家に単身乗り込み、ワムウを追いつめるもあと一歩のところで敗れる。瀕死の重傷を負いながらも自らの父・祖父が自己を犠牲にして他人を救ったことを思い返し、死力を振り絞ってワムウから解毒薬のピアスを奪い取ることに成功。バンダナに引っかけたリングを自身の血で作ったシャボン玉に入れて飛ばし、ジョセフに託して絶命する。

ジョセフがピアスと共に受け取ったバンダナは形見の品として以降もジョセフが所持し、最終決戦ではそのバンダナをジョセフが身につけて戦った。ワムウに追い詰められた際、そのバンダナを利用することでジョセフはワムウを倒し、シーザーの仇を討っている。

主な技は、衣装に仕込まれている特殊石鹸水に波紋を流し、シャボン玉を発射する「シャボンランチャー」、それを高速自転させて円盤状にして発射できる「シャボンカッター」。シャボンカッターは祖父ウィルの波紋カッターの応用技で、「シャボンカッター・グライディン」としてそのエッジ部分で切断したり、円盤本体を「シャボンレンズ」として屋内に太陽光を送り込んだりもできる(wikipediaより抜粋)

超像可動 シーザー・アントニオ・ツェペリ …の続きを読む

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

その他 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。