ミクロの百日間戦争

ミクロマンやそれにマッチする小物類のレビューなどをつらつらと…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ウイングマン&夢あおい

ウイングマン&夢あおい


主人公・広野健太が夢想していたヒーローを、あおいが持っていたドリムノートに書き込んだことで出現したヒーロー。「チェイング! 」の掛け声で変身する。第1話で健太が着用していた自作スーツのように、彼は体色を赤で思い描いていたが、ドリムノートにウイングマンのイラストを描く際、付属ペンで体を塗りつぶしたせいか体色は黒い。

三次元世界では10分間の変身タイムリミットがある(ポドリムスでは変身時間が無制限)。これは劇中であおいが「ドリムノートの力は三次元では効力の限界があるため」と推測している(しかしウィングガールズの変身時間やウイナアなどのサポートメカに時間制限はない)。その名にふさわしく、背中には自分の意思で出現させることのできる翼を持ち飛行が可能。また時速500キロで疾走することもできる(Wikipediaから抜粋)

先日紹介した、ルパンvsミクロマンセット、不二子vsミクロレディセットに続き、延期となっていたミクロアクションシリーズの「ウイングマン&夢あおいセット」が発売されました。

夢戦士ウイングマンはビンテージが幼少の頃に少年ジャンプで連載されていた漫画で、TVアニメ化もされました。特撮ヒーローに憧れる広野健太が異次元・ポドリムスからやってきたアオイという少女に出会い、彼女の持っていた「ドリムノート」の力で本物のヒーローとなるというお話です。

この漫画が好きだったビンテージとしてはミクロ化は期待していたのですが、先日のルパンの例もありますし、少しおっかなびっくりといった形で手に取ったのですが…結論としてはウイングマンは「割とよし」、アオイさんは「うーむ、チョット…」といった感じでした(笑

悪!


「悪!」

裂!


「裂!」

ウイングマン!


「ウイングマン!」

変身後のキメポーズをつけるウイングマン。Ver2の素体ですがミクロに向いているのかデザインは割とヨシです。付属品はスパイラルカット、クロムレイバー(短剣状態×2、伸長状態×2)、ドリムカセット、可動式翼、専用手首でドリムペンを持っている手首があります。

個体差があるかもしれませんがポロリは多少あり。ビンテージが手にしたのは左腰のクロムレイバーと翼がポロリしやすかったです。あと何故か左脚自体が緩かったり。但し少しの手直しで改修出来そうな感じですね。思ったより付属品があったのである程度までウイングマンの技を再現させる事が出来そうです。

クロスバーン


クロスバーン2


[クロスバーン]
腕をクロスさせ、そこから同時に打撃を与える必殺技、一見弱そうだが結構威力はあるようだ。

ウイングルクラッシュ


[ウイングルクラッシュ]
つま先が尖り、どんなに硬い岩でも貫くキック技。だが初使用時は床に突き刺さったままなかなか抜けず、当然かもしれないが足も痺れていた。

足首はバージョン2の足首ですが、脛の部分が伸びていてウイングマン特有のものとなっています。

ドライバーレイド


[ドライバーレイド]
短剣状態のクロムレイバーを両手に持ち、某特撮アンドロイドヒーローの如く高速回転しながら敵に体当たりする必殺技。地面に潜る為に使う事も多かった。

短剣状態のクロムレイバーも手に持たせる事が可能です。Ver1タイプの手首でも持たせられるのは良い感じでした。

スパイラルカット


[スパイラルカット]
某特撮ヒーローの如く頭の飾りを飛ばすと、それが回転しながら敵を斬るブーメランと化す。初期は戻って来たはいいが逆に着いてしまう事が多かった。のちに、戻って来たところを手で受け止め正立に直すスタイルになる。

ちゃんとこれが出来るかどうかが気になっていたのですが、スパイラルカットは分離可能です。上記のように逆さまにつけた状態なんて事も再現できます(笑

スプリクトフラッシュ


[スプリクトフラッシュ]
まっすぐ伸ばした平手から放つ光線、腕をクロスさせて両腕で放つ事もある。

この技は胸のガードが邪魔になってちょっと再現が厳しかったです。片手で打つポーズは無論ラクラク出来るのですが。

クロムレイバー


[クロムレイバー]
ウイングマンが最初に使用した武器で、腰の飾りを変形させた長剣。渾身の勢いでキータクラーを殴りつけたまではよかったが、その石頭のせいで折れてしまう。本来は棍棒やサーベルの様な物だったらしい。

これもVer1手首にもきちんと持たせられるもので、ポロリする事も無く持たせられるのが嬉しいです。寧ろそれが普通のことなのかな?(笑

ファイナルビーム


[ファイナルビーム]
初期のとどめ用の必殺技、胸から両腕に伸びる模様、およびスパイラルカットから発射する必殺光線。だが威力が高すぎるため、場所を選ばないと建物などに被害が出る恐れがある。また、使用にあたって健太への負担も大きく、疲れているときには気絶したりして行動が不能になってしまう。

以上のようにウイングマンの初期の技は結構再現が可能です。欲を言えばガーターが欲しかったのと、折角ウイナアと同梱の赤ウイングマンがいるのなら、ちゃんと黄ウイングマンも出してデルタエンドが出来るようにしてほしかったなと。多分出ないんだろうなぁ、黄色…(苦笑

ドリムノート


このウイングマンの専用手首はドリムペンを持っている手で、ドリムノートは開いた状態と閉じた状態の二種あります。劇中でも度々戦闘中に書き込んでたりしてたのでそれが再現出来るのはいいんですが…ドリムペンが手首にくっついている為にアオイさんは持てない状態。せめてアオイさんにもペンを持った手首を付けて欲しかったです;

夢あおい


アオイ / 夢 あおい(ゆめ あおい)
異次元世界ポドリムスからやってきた少女。ドリムノートを作った科学者ラークの娘。当初、健太と同じ仲額中学校に編入するが、彼らより設定年齢が上(16歳)のためか後に仲額高校に編入する。登場する姿は三次元(ポドリムス人は我々の世界をこう呼ぶ)人に変身した姿である。ディメンションパワーを使い健太と共に戦う。後に結成されるウイングガールズのメンバー。
普段は気が強く我が儘な女の子ながら、好きな人に素直な感情をうまく伝えられない奥ゆかしい一面を見せる。物語後半では「年上のお姉さん」へと成長する。

さて、同梱されているもう一つのミクロであるアオイさんですが…素体は例の如くVer2のものです。腰に付けているディメンジョン・スティックは手に持たせる事が出来ますが、持たせられる部分がおかしいのでガッシリと握らせる形になってしまいます。手首・足首・首から背中に掛けてのマフラー部分が軟質素材となっております。このマフラー部分が手首と繋がっているので可動に少々影響が出てしまってるのが残念ですね。

あおいアップ


問題は「人形は顔が命」というように、ちゃんと似ているかどうかなのですが…正直かなり微妙な出来。パッケージのサンプル写真と比べても似てない度合いが酷いですね(汗

総じてみるとウイングマンの出来は許容範囲なのですが、アオイさんが微妙。そして何より二つセットで3000円はやはり割高に感じてしまいますね(汗

いっそウイングマン三体(3色カラー)で3000円なら…それはそれでちょっと微妙かな(笑) せめてガーターとかの付属品があればもっと良かったと思いますね。

今回はミクロアクションのウイングマン&夢あおいセットでした。
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

ミクロアクション | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<アクロギルランダ | HOME | ミクロマン・カイン>>

この記事のコメント

本来デルタエンドのための赤色が出てるのに、黄色は出ないとみんなに思われてるタカトミってある意味凄いですよね(笑)。まあ出ないだろうケド。何せ三体合体ロボの二体だけ発売するメーカーだからなぁ・・・・。
ミクロマンって、兎に角一番肝心な人の顔がダメですよね。幾らサイズ小さいっていっても、他が今では凄いハイレベルですから、これでは絶対に勝てるわけないです。メッキ頭のミクロならまだ誤魔化しが効くのに、わざわざキャラ物ばかりにして弱点さらけ出してるんだから・・・・頭痛いっス。
ポチ!
2008-03-28 Fri 00:30 | URL | misodrill #-[ 編集]
おぉ、ウイングマンはもう発売されていたんですね。
金欠状態が続いているので、全然チェックしてませんでした。

出来の方ですが、やはりウイングマンはなかなかイイようですね。
必殺技の再現など、当時を思い出してしまいました。
あおいさんの顔は既にあまり記憶に無いのですが、
それでも受ける印象は、残念ながら「似ていないなぁ」ですね。

皆さん仰るように、黄ウイングは何とか欲しいです。
ここはやはりキータクラーとのセットですよね。いや、北倉先生じゃなくて。
2008-03-28 Fri 17:39 | URL | 遊慈 #l7BLX0Ck[ 編集]
>misodrillさん

拍手、有難う御座いますー。

黄色、やっぱり出ないでしょうねぇ…出るとしたらもうとっくに情報出てないとおかしいでしょうし。加えて赤ウイング+ウイナアの値段設定が高いので三体揃えるのも厳しく…何だか色々と間違っているような気がしてなりません(苦笑

最近はガチャフィグも相当レベルが高いし、このレベルは辛いですねぇ…。サンプルとでさえ差がありすぎるってのは問題だと思うのですが…;
2008-03-28 Fri 23:45 | URL | ビンテージ #3fSe.YNE[ 編集]
>遊慈さん

ウイングマン、漸く発売されました。アマゾンで予約していたのですがあまりに延期されていたのでビンテージも半ば忘れ掛けてました(苦笑

ウイングマンは出来はまぁまぁですね。遊んでいて昔を思い出して懐かしい感じです。元からフィギュアにするのにデザイン的に難しくないのが幸いしたのかミクロサイズでも結構再現されてると思います。

問題はやはりアオイさん…似てない上に可愛くない…サンプルのイメージでいただけにショックです;

黄色…出てくれるのならキータクラーがいいですね。やはり敵役がいてこそって思いますし。
2008-03-28 Fri 23:49 | URL | ビンテージ #3fSe.YNE[ 編集]
店頭で見かけたのですが、やはりウィングマンの胸から首にかけての造詣ののっぺり具合にがっかりしました(´・ω・`)
今月は出費がとてつもないので、これは投売りまで待つことにしますw
アオイさんも、お顔が残念なことになってますねぇ。
どうやら、ミクロマンもこの辺りで一回終わりのようなので、再び復活する日を心待ちにしますw
2008-03-29 Sat 07:48 | URL | からしん #-[ 編集]
>問題はやはりアオイさん

確かに、最低限もうちょっと吊り目気味にして欲しいトコですね…(苦笑)。私は赤を予約購入したのですが、青はどうしようかな…?
後、ふと思ったのですが、このアオイさんの顔、「ボトムズ」のココナちゃんに似てません?(アニメでは両者とも川浪葉子さんが演じておられました)
2008-03-29 Sat 20:09 | URL | 通りすがりの遊び人 #DdiHOXp.[ 編集]
>からしんさん

ビンテージはウイングマンは然程不満には思わなかったのですが、キツイと思ったのはアオイさんですね。そして価格の面でもやはり厳しいと思われ…早晩投売りされるのではと思ってます(汗

ミクロの時代はもう終わりなんですかね…寂しい限りです(涙
2008-03-31 Mon 17:20 | URL | ビンテージ #3fSe.YNE[ 編集]
>通りすがりの遊び人さん

おお、赤を予約されましたか。ウイナアには興味あったのですが値段の前にビンテージは断念してしまいました。投売り待ちです(汗

あっ、確かにココナに似てますね。そうするとこれは色を塗りなおしてキリコやバニラと並べろというタカトミの作戦とか…(笑
2008-03-31 Mon 17:22 | URL | ビンテージ #3fSe.YNE[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。