ミクロの百日間戦争

ミクロマンやそれにマッチする小物類のレビューなどをつらつらと…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ブースト

ブースト


ガキィィーーンッッ!!

背中のエネルギージェネレターから急速にパワーを送り込まれたパルサーショットを押し込むと、甲高い音を立てながらヤツのドリルを弾く。漸く態勢を整える事が出来た俺はパルサーショットを構えてヤツの攻撃に備えた。

チャージ


ヤツは間合いを大きく広げると、ドリルアームを構えて突撃態勢を取る。拙いな…先程以上の一撃となると、生半可な反撃では太刀打ち出来ない。そして次の瞬間、ヤツは猛烈なチャージ攻撃を繰り出してきた!

ジャンプ


ギュオオーッ!!

唸りをあげるドリルを突き出しながらヤツが一気に肉薄してくる。俺はギリギリのタイミングで跳躍すると、先程まで俺が立っていた場所をヤツのドリルが貫いていた。跳躍した俺は頭上の電柱にぶら下がったまま、パルサーショットを持ち替えてヤツに一撃をお見舞いしようとする。

逃亡


ズキューン! ズキューン!

降り注がれる光線を避けながら、ヤツはここでのこれ以上の交戦を避けてマンホールの中へと飛び込んでいく。姿を消す直前、ヤツは一度だけ振り向いて俺を見る。まるで追えるものならば追うがいいと挑戦するかのように…。

追跡


電柱から降りた俺はヤツが消えたマンホールを凝視する。面白い…御前がその気ならトコトン相手をしてやろうじゃないか。恐らくはヤツが待ち受けているのだろう地下道に、俺は躊躇う事無く身を投じた。

地下道へ向かう
スポンサーサイト

フォトストーリー | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<受け流し | HOME | 受ける>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。