ミクロの百日間戦争

ミクロマンやそれにマッチする小物類のレビューなどをつらつらと…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

敗北

敗北…


交錯した次の瞬間、俺の体は大きく傾いて地面へと吸い寄せられていく。薄れゆく意識の中、俺は傍らに立って見下ろすヤツの視線を感じると、その時初めて自らが敗北した事を知った。

敗北…2


(済まないな、シャンニー……俺はここまでだ。カイト…久しぶりにオマエに会いに…)

迫りよる死の気配を感じながら、不思議と俺には恐怖は無かった。ただ、シャンニーの泣き顔が脳裏に浮かぶ事だけは、俺に僅かな後悔を感じさせていた…。

☆ゲームオーバー☆
敗北…2

スポンサーサイト
フォトストーリー | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<地下道 | HOME | 相打ち>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。