ミクロの百日間戦争

ミクロマンやそれにマッチする小物類のレビューなどをつらつらと…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

直撃

直撃


眩い光と迫り来る熱気。俺目掛けて落下してくる灼熱弾に対してパルサーショットを突き出すが、迫り来る灼熱弾の勢いには勝てずに直撃を喰らってしまう(ジンに2点のダメージ)。

「グゥッ!」

苦悶の表情で声をあげる俺。その時、物音と共に何かが飛び出してくるのを視界の端に認めた。

☆ダメージが4点以上の場合はこちらへ進め

飛び出すマシンアクロイヤー・1


灼熱の罠で手酷い手傷を負った俺に、息つく暇も与えずにヤツが飛び出してきた。最初から追っ手が迫った際にはここで迎え撃つつもりだったのであろう…床下に身を隠す場所まで用意していたようで、そこから飛び出すと猛然と俺に向かって突撃してくる。

対決


俺は足場の広い場所へと踊り出ると、ヤツと正面向かって対峙する。どうやら決着をつける時がやってきたようだ…。パルサーショットを剣撃モードで構えた俺は、息を整えてヤツの隙を窺う。そして俺達は二人同時に動き出した。

1:エネルギージェネレーターからパワーをブースト…必殺の一撃を見舞う

2:既にブーストは使用している
スポンサーサイト

フォトストーリー | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<扉に近づく | HOME | ブーストで受け止める>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。