ミクロの百日間戦争

ミクロマンやそれにマッチする小物類のレビューなどをつらつらと…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

オリジン・オブ・バルキリー バルキリーVF-1S (ロイ・フォッカー機)

オリジン・オブ・バルキリー バルキリーVF-1S (ロイ・フォッカー機)

VF-1 バルキリー(ブイエフワン バルキリー)は、テレビアニメ『超時空要塞マクロス』以降のマクロスシリーズ作品に登場する架空の兵器(可変戦闘機)。
ペットネーム(愛称)の「バルキリー(Valkyrie)」は、北欧神話に登場する女性の半神ワルキューレ(ドイツ語表記:Walküre)の英語名。実在の試作戦略爆撃機XB-70から、作中でVF-1の愛称に引用された。デザインモチーフは同じく実在するアメリカ海軍の戦闘機F-14 トムキャット。

VF-1S
ノースロム社がライセンス生産で試みた性能向上タイプ。エンジンを推力向上型FF-2001Dに換装。ブロック12以降のA+型機体に九星重工製の武装・通信・モニター強化型頭部ユニットを搭載する。頭部側面にROV-20を各2門装備(J型の連装型)。コスト面で少数生産に限られたため、中隊・大隊クラスの指揮官機(CAG機)として使用された。
テレビシリーズではロイ・フォッカー・スペシャルと呼ばれる機体のみ登場し、アメリカ海軍のジョリー・ロジャースを模した黒、黄、「スカル&クロスボーン」のマーキングが施されている(wikipediaより抜粋)

本日はかつてタカトクトイスで生産されたものの復刻版、バンダイのオリジン・オブ・バルキリー バルキリーVF-1S (ロイ・フォッカー機) を紹介致します。

思い起こせば今年の正月、バンダイから発売されていたDX超合金のマクロスF(フロンティア) VF-25Sメサイア(オズマ機) を購入したのですが、塗装が剥げ易い、ポロリが多い(特に変形過程で)、バトロイド時の首の座りが悪い等どうにも個人的には満足する事が出来ず。お値段もそれなりに高かったですしね; ガシガシ変形させたいビンテージとしては他のバルキリーを探して巡りあったのがこのオリジン・オブ・バルキリーでした。感想としては結構満足してます。但しスーパーパックは別の機体のものを流用しないといけないところが残念でした;

オリジン・オブ・バルキリー バルキリーVF-1S (ロイ・フォッカー機) 2

バルキリー状態のフロントビュー。今回の撮影では全て統一してしまってますが、キャノピーがスカルマークのものとクリアーになっているものと二種類があります。フォルムとしては最近のバルキリーのデザインに劣る面もありますが、それでも充分トムキャットをモデルとしたカッコよさが出てますね。不満点はガンポットをつける事が出来ない事。それさえ出来ればなぁ…(足の合間に無理やり挟み込む事は出来ますが)

オリジン・オブ・バルキリー バルキリーVF-1S (ロイ・フォッカー機) 3

ランディングギアが機種下と左右脚部についておりバネ仕掛けで飛び出すようになってます。このバネの力が強くて気をつけていても指が弾かれたりします(笑

オリジン・オブ・バルキリー バルキリーVF-1S (ロイ・フォッカー機) 4

バルキリーのある意味象徴的な形態であるガウォーク形態。子供の頃この形態を見た時はセンセーショナルだったというか…飛行機から手足が生えているって凄いですよねw 手にしたガンポットはバネ仕掛けのギミックで射出する事が可能です。

オリジン・オブ・バルキリー バルキリーVF-1S (ロイ・フォッカー機) 5

個人的に感心したのがこの肩の部分。ここの部分をガウォーク形態では斜めに、バトロイド形態では縦にする事でプロポーションを再現してるんですよね。可動面には全く影響してないですしカッチリと変形出来るこの出来が、25年以上前の玩具の復刻版だという事が驚きです。

オリジン・オブ・バルキリー バルキリーVF-1S (ロイ・フォッカー機) 6

そしてバトロイド形態。うん、いい感じのプロポーションですね。マーキンクが寂しいと思う方の為に付属のデカールがてんこ盛りで付いているので(笑)、ゴテゴテと賑やかにする事も可能です。

オリジン・オブ・バルキリー バルキリーVF-1S (ロイ・フォッカー機) 7

可動については足が前後にしか動きませんが、概ね必要な部分の可動は出来るのではないかと。元々可動し易いデザインには見えませんしw 何よりの売りは小気味良い音を立てて簡単に三形態に変形させられる事ですね。

ちなみにこのフォッカー機のバルキリー、TFの一人に加えられたらしく、ジェットファイヤーというTFバージョンも存在するようです(色は紅白)。という事でこの子もTFの一員として絡めていこうかなと思ってます(笑

本日はオリジン・オブ・バルキリー バルキリーVF-1S (ロイ・フォッカー機) の紹介でした。
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

その他 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<アッセンブルボーグ・ブライ | HOME | アッセンブルボーグ・コロッサス&ビックフット>>

この記事のコメント

タカトクバルキリー!当時マックス用を持ってました。あれもどこ行ったんだか・・・・。
トランスフォーマーへの身売りはムチャですよねぇ(笑)。当時アメリカでも「ロボテック」として展開してた筈なんだけど・・・・アメリカの子供たちは混乱しなかったんでしょうか。アニメに出てくるのと丸っきり違うし。
へけへけのスカイファイヤーもガシガシ弄れるバルキリーとして(笑)オススメですよ。
ポチ!
2009-04-10 Fri 14:31 | URL | misodrill #-[ 編集]
僕にとっては、
「プラスティックの材質が変わったり、シールがタンポ印刷になったりするのは仕方がないけど、当時の物を復刻してくれ」「超合金魂とかじゃなく」三大TVロボットアイテムの一つです(残り二つは「マグネモ11鋼鉄ジーグ」と「デュアルモデル・ダグラム」)。
とはいうものの、これ買ってないです。
まだ売っているかな?

みそどりるさんが指摘した「ロボテック」以外に、「バトルテック」でもバルキリー使われてましたよね。
ウィキペディア、検索っ!! 「バトルテック」のバルキリー、黒歴史になってるぅーーっ(笑)!!
2009-04-11 Sat 00:27 | URL | 永亭 #0W.95UrI[ 編集]
ご無沙汰してます♪
ボクも子供の頃、ヒカル専用機を持ってましたヨ♪
そうそう!wファイターの時、ガンポッドが固定出来ないんですよネw無理矢理挟んで『キーン♪(ポロ)』(もうw…挟み直して)『キー…(ポロ)』『むき===!』みたいなw
ランディング・ギアは良く指先を弾かれていたい思いをしましたっwバトロイド形態よりファイター形態の方が断然格好良くて、飾る時はいつもファイターにしてましたw
2009-04-11 Sat 12:56 | URL | SAT #qscPCuWU[ 編集]
>misodrillさん
拍手有難う御座いますー。ビンテージは昔はあんまりマクロス興味なかったのでこれを手にしたのが最初だったのですけど復刻版でこの出来とは驚きました。TFに身売りは凄いですよね…流石アメリカw へけへけのスカイファイヤーも興味あったんですよね。うむむ、買おうかどうか検討してみよう。

>永亭さん
その三大でいうと、ビンテージは残りはダグラムですね。探してみようかな。バルキリーというとフェ○ックス○ークw バトテの旧デザインはもう何というか色々と拙かったですからね(笑)

>SATさん
SATさんもお持ちでしたかー、うーんやはり有名だったんだなぁ。ガンポッドだけは本当残念。ファイター形態が一番カッコいいのは同感です。それにしても計算されたデザインですよねぇ。
2009-04-12 Sun 14:16 | URL | ビンテージ #3fSe.YNE[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。