ミクロの百日間戦争

ミクロマンやそれにマッチする小物類のレビューなどをつらつらと…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アカツキの事件簿番外編「邯鄲の夢」(後編)

番外編25

見知らぬ街に突然放り込まれた俺はそこでアクロシルビアと再会。意味も理解せぬままそこで二人の敵と戦う事となる。その敵の内の一人は以前にシャングリラ基地へと侵入を果たした野川サクラ。彼女を捉えた俺の銃口は誤る事なく光線を放つとそれを貫く。しかしその直後、煙をあげると共にサクラの姿は忽然と消えていた…。

アカツキ「消えた…?! シノビの空蝉の術ってやつか。確かサクラは忍術と体術を嗜んでるって話だったな。この手の術はお手の物ってワケか…」

番外編26

サトル(今、サクラさんが撃たれたように見えたけど大丈夫かな…? 俺達と戦ってる連中、相当な手練のようだ…気合入れていかないと)

番外編27

スタッ。

サクラ(あの射撃手…確かシャングリラM.I.C.Rのアカツキ…。ならここはシャングリラなのか? 判らぬ事だらけだが…まあいい。相手もこちらと戦う気ならばそれ相応の対応を取らせてもらうだけだ…)

番外編28

サトル(力を出し惜しみにしていられる状況じゃないな。相手はこの上か…いくぞっ)

番外編29

サトル「はぁぁぁっ!!」

ズバァァァンッッ!!

番外編30

バキィンッ……ガラガラ……バッ!

シルビア「クッ…無茶するわね」

アカツキの事件簿31

サトル「えっ、女性…?」

アカツキの事件簿32

シルビア「甘いわよ、ボウヤ…隙だらけだわ」

サトル「しまっ…」

ズガァーーーーンッッ!

サトル(すみま…せん…師匠…)

アカツキの事件簿33

アカツキ「シルビア、無事かっ!……って、なんだ、コリャ…」

シルビア「撃ち抜いたらこうなったわ。どうやらここで死ぬという事は跡形もなく消滅するようね…」

アカツキの事件簿34

アカツキ「装備も何もかも一緒に消えていく…。こんな事が在り得るのか?」

シルビア「判らないわ…。本当に死んだのもね」

アカツキ「どういう事だ?」

シルビア「ここは酷く現実感の無い場所だと思えるという事よ。そう、まるで夢の中のような…」

アカツキ「夢の中…ハッ!」

ガシャァーーン!

アカツキの事件簿35

ガシィィッ!!!

サクラ「フッ、やるな…」

アカツキ(危ねぇ…アウェーネスが働いてくれなかったら今の一撃で殺られてるとこだったぜ)

シルビア「残念だけれどここで終りよっ」

ズガァーーーーンッッ!

番外編

ボフンッッ!

アカツキ「ゲホッゲホッ! また空蝉の術かよ…」

シルビア「…姿を隠したようね。距離を取ったのかもしれない…。私はもう一度上に上がって周囲を警戒するわ。貴方は下をお願い」

アカツキ「了解。こっちは任せたぜ」

アカツキの事件簿37

シルビア(殺気はまだこの近くを漂っている…離れたワケでは無い。近くに居るようね…)

アカツキの事件簿38

アカツキ(どこだ…どこから襲い掛かってくる? こっちはロングレンジのプロ二人だ。サクラにとって仕掛けてくるのなら接近戦しか在り得ない。ならこうして単独で行動している今がチャンスの筈…。俺とシルビア、そのどちらを狙ってくる?)

アカツキの事件簿43

シルビア(…下から殺気!)

アカツキの事件簿39

バッ!

サクラ「ハァッ!」

シルビア(クッ、今の殺気はフェイクっ? 拙い…殺られる…っ)

ズキューーーンッッ!!

アカツキの事件簿40

ドタッ……。

サクラ「フッ…こんなところで…終りなんて…ね…。でもこれで…父さん達の…もと…へ…

シルビア「…………」

アカツキの事件簿41

アカツキ「…ハァ……ハァ……間に合った、か……」

アカツキの事件簿42

アカツキ「…何とか、お互い無事に生き残れたようだな」

シルビア「ええ…けれど此処がどこで、どうすれば脱出する事が出来るのか、その事については相変わらずさっぱりね」

アカツキ「そうだな。とりあえず手分けして脱出の手掛かりでも探してみるか?」

シルビア「それも悪くないけれど…私に考えがあるわ」

スチャッ。

アカツキの事件簿44

アカツキ「おい、シルビア。何のつもりだ?」

シルビア「簡単な事よ…。先程言ったように此処は奇妙に現実感が薄れた、まるで夢の中の世界のようだわ。なら、ここで『眠れ』ば元の世界で目が覚めるかもしれないわね。それに…」

アカツキ「…最後の一人の勝利者が出ればここから脱出出来るかもしれない、か? 俺もその可能性は考えてみたけど…こんな状況でやり合うのは気が進まねぇな」

シルビア「ええ、だから私が引き金を引く。上手くすれば貴方は元の世界で目が覚める。貴方が消えても私は戻れなかったら自分自身に引き金を引くわ」

アカツキ「…自分に銃の引き金引くってのはゾッとしないな。仕方ねぇ…わかったよ。やってくれ」

シルビア「さよなら、ダーリン…。運が良ければ…いえ、悪ければかしらね。元の世界で会いましょう…」

ズガァーーーーンッッ!

アカツキの事件簿45

アカツキ「ハッ! …えっ? ここは…教会…?」

ギィ……。

アカツキの事件簿46

アレン「なんだ、アカツキ。こんなところに居たのか」

アカツキ「アレンさんっ。あれ? 俺、今まで一体何を……」

アレン「さぁな。ここのところ激務も続いていたし、転寝でもしていたんじゃないか? …こっちの聞き込みは終わったし、そろそろ移動するとしよう」

アカツキ「は、はいっ。了解っす」

アカツキの事件簿47

アカツキ(…夢…。夢でも見ていたのか、俺? けどそれにしちゃ妙に後味が悪いというか…。夢の中で誰かと会った気がするんだが……思い出せねぇ…)

その時俺が見た夢が一体何だったのか今になっても判らない。ただの夢だったのか、それともミクロの遺伝子が囁く何かの報せであったのか。ただ俺はそれから暫く経った後もこの奇妙な夢の後味の悪さを忘れる事は無かった。そしてふと思った。意外と俺はまだ、夢の世界を彷徨っているのかもしれないと…。


サクラんさん&SATさんと遊んだ「めいどはんま~」対決ストーリー、その後編です。この四人が対決し合うシチュエーションが思い浮かばなかったですし、他所様のミクロを倒してしまうわけにもいかないのでストーリーを組む時に直ぐに夢オチとは決まりましたw 

さて実際の戦いの結果ですが、実はアカツキ&シルビアコンビの圧勝でした(汗) これは組み分けの時にアカツキ&シルビアの射撃手コンビと、サクラ&サトルの白兵戦コンビという得手・不得手が完全に分かれたチームになった事もありますが、それ以上にダイス目が偏りすぎましたっ(笑)

特にサクラ@サクラんさんのダイス目が振るわず、幾度か攻撃を仕掛けたのですが悉く外れてしまいました; 逆にアカツキとシルビアの攻撃は双方ともMAXダメージでサトルくんに炸裂してしまい、一気に勝負の趨勢を決めてしまったという…。いやいや、ダイス目だけは予測できないものですね(汗

とはいえ、こうしてプレイセットを広げてミクロで対決というのはやはり面白いもので、また機会があれば楽しんでみたいと思います。サクラんさんもルールを熟読してリベンジを誓っておりましたw

本日はアカツキの事件簿番外編「邯鄲の夢」(後編)でした。
スポンサーサイト
フォトストーリー | コメント:5 | トラックバック:0 |
<<ザ・マスター(ミクロマン・エリック) | HOME | アカツキの事件簿番外編「邯鄲の夢」(前編)>>

この記事のコメント

なるほど、夢オチでしたか。。。

でも、なんとなく納得です。(U_U)
教会セット、いいですねー。
各シーンがとっても絵になってますし。

夢舞台(?)に一人残った、シルビアさんの
その後がとっても気になります。
2009-05-10 Sun 00:42 | URL | Koduck #j5rAmYNA[ 編集]
昔、ボードのシミュレーションも、例のメンバーと(笑)よくやってましたけど、こういうのは偶然がドラマ生み出すのが面白いんですよねー(ウチのは殆どコントだったけど)。にしてもやっぱり銃火器の方が強いのか(笑)。
霧に覆われた街並みとか、凄く雰囲気出てると思います。ポチ!
2009-05-10 Sun 11:16 | URL | misodrill #-[ 編集]
とっても面白かったです。教会の雰囲気もいいですし。夢のオチとは・・・・ポチッ
2009-05-10 Sun 11:26 | URL | タカーる #-[ 編集]
前後編の記事に、片方だけのコメントを失礼します。

僕は検索しないとうろ覚えでしたが、「邯鄲の夢」…タイトルで夢オチってバラしてますよね(笑)。
アカツキ&シルビアコンビの圧勝は、「射撃手コンビと白兵戦コンビという得手・不得手が完全に分かれたチームになった結果」ではなく、「ビンテージご夫妻の愛の勝利」です(断言っ)。
ぽちっ!
2009-05-10 Sun 17:46 | URL | 永亭 #Wc8tl21c[ 編集]
>Koduckさん
教会は現代物の活劇だと印象的なシーンに使われる事が多いですよねぇ。結局この夢がただの夢だったのかは…いずれ明かされる、かな?(笑

>misodrillさん
ダイス目が産み出す数多くのドラマってありますよね~。今回は接近されるまではアカツキ&シルビア組が一方的に攻撃する形になりましたね。ただ強さのバランス的には似たようなものだったのですが…。

>タカーるさん
楽しんでくれたようで何よりです。またこんな企画してみたいと思います。

>永亭さん
確かにタイトルで思い切り夢オチと宣言してますねw いやいや、偶然…というよりダイスの神様が…(笑
2009-05-10 Sun 22:57 | URL | ビンテージ #3fSe.YNE[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。