ミクロの百日間戦争

ミクロマンやそれにマッチする小物類のレビューなどをつらつらと…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ギャラクシーシリーズ U.S.S.エンタープライズ 転送室

4

アカツキ「そういや今日から工事中だった中央司令室が使えるようになるんだよな。早速行ってみるか」

ディートン「賛成だトンっ」

ミサリー「どんなところか楽しみですね」

5

アカツキ「中央司令室にはこの先の転送室からのみ直通で行けるらしいが…ふーん、この辺りはこんな感じになってるのか」

ディートン「転送システム…そんなものが実用化されるなんて時代も変わったトン」

アカツキ「オマエとミサリーだって時代の最先端の技術を使われたサーボットだろ。ま、確かに転送なんて俺も未体験だけに、そんなもんが実用されると聞いた時にはちょっと驚いたけどな」

ミサリー「なんだかドキドキしてきたですぅ」

6

アカツキ「お~、これが転送システムかぁ」

ミサリー「大きいですねぇ」

ディートン「エレベーターにも、トイレにも見えるトン」

アカツキ「幾らなんでもこんなトイレはねーだろー」

1

アカツキ「で、こっちがコントロールパネルか。よっ、ご苦労さん」

ミリフォ「お疲れ様です」

アカツキ「こいつがあればホタルミとかセントラルシティとか、好きな場所に行けるのか?」

ミリフォ「いえ、現段階では試験的に導入されたものですからそれは無理です。まず相手側にもこのシステムと同様なものが必要となりますし、距離的な制限もありますので。今のところはこの基地内のみでの使用となっています。勿論今後は調整されて、それらの場所への移動も可能になるかもしれませんが…」

アカツキ「なるほど、最初っからそんな便利には使えねーよな」

2

ミリフォ「あそこが転送用のブースとなります」

アカツキ「OK。じゃあ早速試してみるか」

3

アカツキ「…思ったより狭いな」

ミサリー「アカツキさん、大丈夫ですか~?」

アカツキ「おう、問題ないよ」

ディートン「さらば、アカツキだトン」

アカツキ「物騒な事ゆーな」

4

ミリフォ「それでは転送開始致しますよ」

アカツキ「ああ、やってくれ」

5

キュインキュインキュイン…

アカツキ「おっ…」

ミサリー「あっ、アカツキさんが…」

6

シュンッ!

ディートン「き、消えたトン」

ミサリー「凄いですぅ」

ディートン「無事についたか判らないのが怖いトン」

ミサリー「ディートン、怖い事言わないでですぅ~っ」


転送されたアカツキのその後は後日のエントリに続けるとして、本日は映画「スタートレック」の玩具からギャラクシーシリーズ U.S.S.エンタープライズ 転送室を紹介致します。内容としては商品名そのままエンタープライズ号の転送室を再現したプレイセットとなっています。シャングリラにこれが導入されたのは実験的な意味合いと、重要施設に直接乗り込まれないようにと防犯上の理由からとか想像してますw なんか使うのが色々面倒くさそうですが(笑

この転送室の最大のギミックは勿論転送なのですが、それらをライト&サウンドギミックで演出しております。ブースの上側にある三角のボタン、もしくはコントロールパネルのボタンを押すと作動する仕組みとなっています。アカツキが消えた写真ですが、実は中にまだ入ったままです。フィギュアの前には鏡のようなものがあり、ライトが点いてる時は中が見えるようになっているのですが、ライトが明滅と共に消えてしまうと中が見えなくなってしまうようになっているワケですね。

2

本体の下には軟質素材のこのようなマットが敷かれております。赤い部分は後日紹介予定のブリッジのもので、その上の茶色の部分がこの転送室用のマットです。これは他のシーンなんかでも流用が効きそうですね。

1

このセットにはカーク船長のフィギュアが付属しています。ミクロと比べるとちょっと小さいですね。カーク船長には光線銃が付属。ミクロに持たせる事も出来ますがちょっと小さいのでver2の手のほうが持ちやすいです。

本日は「スタートレック」ギャラクシーシリーズ U.S.S.エンタープライズ 転送室の紹介でした。
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

ミクロマン小物 | コメント:5 | トラックバック:0 |
<<ギャラクシーシリーズ U.S.S.エンタープライズ ブリッジ | HOME | ターミネーター4 3.75インチ ビークル/A10攻撃機>>

この記事のコメント

これは如何にもレトロSF調で良いですねー!うーん、安くなったてたら買っちゃうな、これ・・・・。ギミックも凝ってますなぁ。ポチ!
2009-06-19 Fri 22:28 | URL | misodrill #-[ 編集]
>misodrilさん
拍手有難う御座いますー。このレトロ感が何ともたまらないですよねw こういう転送ルームって最近のSFでは見なくなりましたし。鏡とライトを使ってギミックには感心致しましたw
2009-06-20 Sat 01:17 | URL | ビンテージ #3fSe.YNE[ 編集]
これはやはりいいなあーーーー
エンタープライズ号ってだけでもニヤニヤ出来るけどwww

転送のイメージもちゃんとあってグッジョブなギミックもいいですね
ネックは金額ぐらいかw
2009-06-20 Sat 12:02 | URL | サクラん #JalddpaA[ 編集]
おっ。買いましたか。
僕もアメリカで悩んだんですが転送室ってあまりにもスタートレックなのでパスしましたw
ブリッジもゲットされたんですね~あっちも魅力だったんですけどなんかまたいかにもだったので以下略。

ああ、でも、新しいスタートレックの映画、めっさ面白かったです。超見るべし。

2009-06-20 Sat 20:08 | URL | ゼントラン #6fbJpHF2[ 編集]
>サクラんさん
実はビンテージ、旧作含めてあんまりスタートレックは知らないですw この転送ギミックは結構面白いんだけど鏡に室内が映ってしまうのが; あとやっぱり値段がネックですねぇ。

>ゼントランさん
ビンテージは上記のようにスタートレックの印象があんまり無かったので抵抗無く買ってしまいましたw やはり元の映像作品見てる人には印象が強すぎるかもしれないですね。うむむ、映画面白かったですか。むー、見たい洋画が増えていく(笑
2009-06-21 Sun 22:42 | URL | ビンテージ #3fSe.YNE[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。