ミクロの百日間戦争

ミクロマンやそれにマッチする小物類のレビューなどをつらつらと…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

浪人ギロロロボ&ヒノモト中尉

1

ナミ「そういえばランはもう知ってますか? 先日エドさんが私達に見せてくれた、シャドウフォース専用機。その新しい機体がロールアウトしたそうですよ」

ラン「おっ、そうなんだ。なら早速見に行ってみようよ。ハンガーかな?」


2

ラン「え~と……あれ? それらしい機体は置いてないね」

ガション! ガション!

ナミ「どうやらあの機体のようですね」

3

ヒノモト「やぁやぁ、遠からん者は音にも聞け。近くば寄って目にも見よ! 我こそはシャドウフォース第四の戦士、ヒノモト中尉なるぞ!」

4

ラン「だ、誰だ、オマエっ! シャドウフォース第四の戦士だって?」

ヒノモト「おお、そこに居るのはシャドウフォースの御仲間達か。お初にお目に掛かる」

ナミ「あら、初めまして」

5

エド「あ~っ、こんなとこに居たっ。駄目じゃないか、勝手に乗り回したら」

ヒノモト「む、見つかってしまったか。すまん、エド殿。一刻も早く我が愛機に慣れておきたいと思ってな」

エド「だからこれはシャドウフォース専用機体であって、中尉専用機じゃないって何度も説明してるでしょー!」

ラン「シャドウフォースの新メンバー? アタシはそんな話、聞いてなかったけど、ナミは知ってた?」

ナミ「いえ、私も今初めて知りましたわ。ただ、このような話、本部に照会してみれば直ぐ判る筈ですし、嘘ではないと思いますよ。M.I.C.Rは原則4人1チームである事が多いですから、もう一人補充されてもおかしくないと思ってましたし」

6

ヒノモト「うむ、物分りが良くて助かる。我が名はヒノモト。中尉を拝命しておる。先日まではミクロエドにて勤めておったが、新設されたシャドウフォースに参加するようにと命を受けて本日赴任致した。以後、宜しく頼むぞ」

ラン「はぁ…宜しく…」

ナミ「宜しくお願い致しますわ」

8

ヒノモト「そしてこれが我が愛機、魏六六ロボだ。このデザイン、このカラー、どこを取っても我専用の機体としか思えぬ出来栄えだ」

エド「専用機じゃないのに。ああ、いつの間にかマーキングとかまで施されてる…」

11

ヒノモト「見よ、この勇壮な面構え!」

10

ヒノモト「右腕には敵を粉砕する手甲がついている。立ち塞がる敵には鉄拳制裁だ」

9

ヒノモト「魏六六ロボの速度は他の機体と比べて通常の約三倍! そして左腕には主砲、風林火山砲が備わっている!」

エド「勝手なネーミングしないでー。それに速度三倍なんて事は無いからっ。他の機体と大体同程度の速度だよ」

ヒノモト「なんとっ! エド殿は『赤色機体三倍速の法則』を知らぬと申すのかっ!」

エド「そんなバランスの悪い機体なんて作らないってば。三割増ぐらいなら考えなくもないけど…」

12

ヒノミト「むぅ、残念至極。まぁ気を取り直して紹介を進めよう。魏六六ロボには変形機能が備わっており、このような砲台形態へと可変が可能だ」

ナミ「支援砲撃などを得意としそうな形態ですね」

ヒノモト「うむ、討ち入りの際などに景気付けの一発をかましてやるのに最適ですな」

a

ラン「景気付けの一発って…アンタ、アタシ達の任務がどういうものか勘違いしてないかい?」

ヒノモト「なに、細かい事は気にするな。ハッハッハッ!」


本日は先日紹介した藪医クルルロボ&頭領ドロロロボと同シリーズの浪人ギロロロボ、それとシャドウフォース第四の戦士・ヒノモト中尉の紹介です。ギロロロボについては仕様は殆ど前述のものと同じですね。残る二体と組み合わせる事で五体合体が可能です。

ヒノモト中尉はミニジャークノイドとミニエヴァ、リボルテック・天元突破グレンラガンの頭部を組み合わせたもので、ビンテージの脳内設定ではM.I.C.Rによって作られたサイボーグと考えています。ちなみにネーミングは頭が燃えてる感じだったので「火の元注意」の駄洒落です(笑) 今後はシャドウフォースのコメディリリーフとして登場させようと思ってます。

本日は浪人ギロロロボ&ヒノモト中尉の紹介でした。
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

ミクロマン小物 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<アクロタロス | HOME | S.H.フィギュアーツ 強化外骨格零>>

この記事のコメント

何故かギロロ分が増大してますね(笑)。
顔もグレンだし、ギロスの親戚でしょうか?シャドウフォースとのミスマッチが面白いです!
ヨウジンとかゲンキンとか兄弟がいても面白いかも知れませんね。グレンラガンは色々出てることだし(笑)。
非ミクロ素体の活用は今後は必須かも知れないですね、このままだと。アッセンブルの方も入手し辛いのがイタタですが。
ポチ!
2009-09-23 Wed 18:25 | URL | #-[ 編集]
↑コメントはmisodrillです。
2009-09-23 Wed 22:26 | URL | misodrill #-[ 編集]
>misodrillさん
拍手有難う御座います&お手数お掛けします; 結構適当に作ったんですが確かにギロスに似ちゃいましたw ヨウジンとかゲンキンは良いなぁ。他のミニジャークノイド使って作ってみようかなw ミクロの入手は本当困難ですし、同サイズのフィグも絡ませていきたいところなのですが…やはり可動についてはミクロが一番しっくりくるんですよねぇ。
2009-09-24 Thu 16:49 | URL | ビンテージ #3fSe.YNE[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。