ミクロの百日間戦争

ミクロマンやそれにマッチする小物類のレビューなどをつらつらと…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

MIRACL ACTION FIGUR EX  帝国華撃団花組 虎型霊子甲冑兵器 光武・改 アイリス機

1

[光武・改]

神崎重工製の虎型霊子甲冑。全高2532mm。肩高1875mm。乾燥重量728kg。『サクラ大戦2』、『サクラ大戦3』にて登場。
『サクラ大戦』における降魔との戦いで大破した光武を改修した機体。『サクラ大戦2』で第1話から登場し、第8話で一旦機体の交代があるものの、第11話で戦線復帰し最終決戦まで用いられる。蒸気併用霊子機関(改良型)を搭載し、限界稼働時間は3時間に延長されている。外見的には機体後部のマフラーが4本から6本に増えているのが特徴。機体性能が際立って優れている霊子甲冑という訳では無い様だが、霊力の変換効率が極めて高く、乗り手の霊力次第ではスペック以上の性能を発揮する事が可能。後継機である天武が破棄された後、花組の使用機体として再び返り咲き、長い戦いで霊力の高まった華撃団が搭乗する事により天武以上の戦闘能力を発揮した。その後も『サクラ大戦4』開始直前で光武二式に改修されるまで帝都花組で使用を継続された模様(wikipediaより抜粋

2

本日はゲーム・サクラ大戦シリーズに出てくるパワードスーツ、虎型霊子甲冑兵器 光武・改(アイリス機)を紹介致します。といってもビンテージはこのサクラ大戦シリーズは一つもやった事は無いのですが、近くのディスカウントショップで投売りされていたので思わず買ってしまいました。

サイズ的には並んでいるエドと比較して貰うと判り易いと思いますが1/18のサイズに近しいものだと思います。可動範囲についてはそこそこといった具合ですね。形状的にそこまで広くはないですが、このデザインでの可動範囲としては充分なところかと。

3

頭頂部にはハッチ。但しこれしか開きません。実は中にはライト&サウンドギミックがあって、その装置の為に搭乗させることは不可能になってるんですよね;

4

リアビュー。パイプが並んでいる辺りが乾電池を入れる箇所となっています。その下の円形のファンを回すと前面のカメラアイが動く仕様になっています(下の写真参考)。一番上のパイプのようなところを押し込むと…

6
5

こんな具合に赤と緑のライトが点灯し、パイロットであるアイリスのサウンドが流れるギミックです。ビンテージ的にはサウンドは正直要らないのですが、しっかりとライトが点灯してくれるのは嬉しいです。

7

三本の指はそれぞれ独自に可動させられます。保持力もあって、ミクロを捕まえて持ち上げたまま保持するくらいは出来ますね。乗用のビークルとしては使えませんが、エド用のパワードスーツって事で使っていこうかなと思っております。

本日はMIRACL ACTION FIGUR EX  帝国華撃団花組 虎型霊子甲冑兵器 光武・改 アイリス機の紹介でした。
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

ミクロ流用 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<アッセンブルストーリー「暗黒魔導師」(後編) | HOME | ミクロマン・ペンドラゴン>>

この記事のコメント

これって、結構立体化されてますけど、フィギュアが乗せられるのは無い・・・・ですよね?形状的にはそんなに難しく無さそうなのに、ちと残念ですね。
ポチ!
2009-09-05 Sat 11:02 | URL | misodrill #-[ 編集]
>misodrillさん
拍手有難う御座いますっ。そうなんですよね、これの場合はギミックが中に入っている関係でフィギュア乗降は無理なんですよ; 乗り降り出来れば最高だったのですが…。
2009-09-06 Sun 20:05 | URL | ビンテージ #3fSe.YNE[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。