ミクロの百日間戦争

ミクロマンやそれにマッチする小物類のレビューなどをつらつらと…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ホットトイズ エツィオ・アウディトーレ

2

1459年生まれ。15世紀のイタリアを生きたアサシン。アウディトーレ家の次男。一家は貴族であり、父もメディチ家と関係の深い有数の銀行家であったため、エツィオ自身も悪友を率いての喧嘩や女遊びに明け暮れ、何不自由なく暮らしていた。しかし、メディチ家に対する陰謀と、実はアサシンの末裔であった父をめぐる突然の裏切りにより、父・ジョヴァンニと兄・フェデリコ、そして弟・ペトルチオは冤罪で国家への反逆者として捕らえられ、エツィオの目の前で絞首刑にされてしまう。復讐を決意したエツィオは父の隠し部屋にあった白衣を身にまとい、アサシンとして生きる道を選ぶことになる。一見軽薄だが、正義感は強く、一本気な部分がある。彼を心から慕う友人や協力者も多い(wikipediaより抜粋)

1

本日はホットトイズから発売された1/6フィギュア、ステルスアクションゲーム「アサシンクリード2」及び今冬発売予定の「アサシンクリード ブラザーフッド」の主人公であるエツィオ・アウディトーレを紹介します。

ビンテージはイタリアが大好きで、特にフィレンツェやヴェネチアが好きなんですが、この二つの都市を舞台にしたアサシンクリード2は物凄いハマってました。ゲームとしても本当面白かったのでお勧めなのですが、その主人公であるエツィオを緻密に再現したフィギュアが出ると知って思わず購入してしまいました。ああ、もうこのサイズのフィギュア購入は控えようと思ってたのですがっ;(上の写真はボックスアート)

3

エツィオの全身画像。全高約30センチで30箇所以上が可動。縫製もしっかりしてますし、流石ホットトイズといった感の出来栄えです。台紙にはヴェネチアのサンマルコ広場の風景が描かれています。

4

フードの下には凛々しいエツィオの素顔。ホットトイズクオリティというか、かなりの激似です。エツィオはゲームの中では時間経過で髭を生やした中年以降の姿もあるのですが、その顔も交換ヘッドで付けて貰いたかったですねぇ。

5

後ろ髪は別パーツで、フードをあげた後に取り付ける仕様。これでフードが起き上がってくるのも防ぐようになっています。

6
7

アサシンだけに様々な武器を使いこなすのですが、その中でも一番象徴的なのが両手首から飛び出すアサシンブレード。本来はジャキッ!と音を立てて飛び出してくる仕組みですが、フィギュアでは溝に取り付ける形で再現しています。装飾も綺麗に彫られています。

8
14

両の腰には近接武器を納めるホルスターがあり、その片方にはショートソードを納めます。このショートソードを逆手に持って振るうのがエツィオのスタイル。

9
13

反対側の腰にはロングソード。しっかりと硬質感は出ていますが材質は軟質素材なのでとても軽いです。エツィオは軽やかに舞うように剣を振るうので、どんなポージングになっても手がヘタれてこないのが良いですね。

0

腰の後のホルスターには左右計6本の投げナイフ。

12

かなり小さいですがこれにもきちんと装飾が施されてます。ちなみにこのナイフ、ミクロレディとかに持たせると丁度良いサイズだったりしましたw

11

指の合間に挟むようにして投げナイフを構えさせます。付属の小物類やフィギュアの出来は文句無しですが、それに見合うだけの値段がするだけに高価なファンアイテムですよね; プレイアーツ改でもエツィオが販売されるそうなのでガシガシ遊ぶ人にはそちらもお勧めかもしれません。

本日はホットトイズ エツィオ・アウディトーレでした。
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

その他 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部 吉良吉影 | HOME | ULTRA-ACT バルタン星人二代目>>

この記事のコメント

相変わらずこのシリーズは、服装や小物の作りこみがハンパないですねー。アイアンマンとか欲しいな、と思うんですが、価格、サイズのネックもさることながら、顔がリアルすぎて怖いってのも(笑)。
ポチ!
2010-10-31 Sun 10:18 | URL | misodrill #-[ 編集]
アサシンクリードって面白いんでしょうか??プレイしたことないのでなんともいえませんが、主人公カッコイイですね。
2010-10-31 Sun 12:16 | URL | #-[ 編集]
元ネタのゲームは知らないのですが、「メディチ家に対する陰謀」とはもしや、と思い、調べたら、「パッツィ家の陰謀」じゃないですか。
今年の僕は、「パッツィ家の陰謀」に注目しています。
龍牙さんのブログ記事「怪僧ラスプーチンの末裔」(http://blogs.yahoo.co.jp/itiisensinspace/25334584.html)に「パッツィ家の陰謀」についてコメントした後すぐに、モーニング連載の「チェーザレ」でも「パッツィ家の陰謀」が描かれるし、『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺:中世イタリア史を覆す「モンテフェルトロの陰謀」』(早川書房)も買ってしまいました。

ビンテージさんもイタリア大好きなんですか?
僕もです。
僕が入り浸っている「ルネッサンスのセレブたち」というブログがお薦めです。「パッツィ家の陰謀」についてもここで教えてもらいました。



顔のリアルさも凄いけど、イメージ12の手のひらもリアルですね。でも、そのぶんチラ見えする手首関節の大雑把さが残念。
指の横がシームレス処理されてますけど、指は可動するのですか? それとも単なるパーティングライン?
ただコレは、労働をしたことのない人のキレイな手ですね。て、貴族だよっ。
2010-10-31 Sun 14:56 | URL | 永亭 #0W.95UrI[ 編集]
>misodrillさん
拍手有難う御座いますー。ホットトイズの作りこみは脱帽の一言ですね。アイアンマンは確かライトアップもされていましたよね。見てるとどれも欲しくなってくるのが怖いですw

>?さん
アサシンクリード、1は未プレイですが2は面白かったですよー。ただ三部作の真ん中なので結末が「続く…」状態になってます。

>永亭さん
ビンテージはイタリア大好きで数年前にも行ってきたのですがもう一度また訪れたいですねぇ。指は可動しないですが軟質素材なので多少曲げる事が出来る感じですね。
2010-11-01 Mon 16:43 | URL | ビンテージ #3fSe.YNE[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。