ミクロの百日間戦争

ミクロマンやそれにマッチする小物類のレビューなどをつらつらと…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

超像可動 シーザー・アントニオ・ツェペリ

1

ジョセフの親友で波紋使い。Part1に登場したウィル・アントニオ・ツェペリの孫で、父はイタリア人のマリオ・ツェペリ。1918年5月13日生まれ(1938年が舞台なので20歳)。身長186cm 体重90kg。両の頬に変なアザがある。

ガールフレンドがたくさんいるナンパ男だが、波紋の師であるリサリサのことは母のように慕っている。軽い性格のジョセフとは当初打ち解けなかったが、ワムウとの初戦においてジョセフが自身を囮にスピードワゴンと自分を助けようとしたことを機に彼を見直すようになり、リサリサの下での修行を通して無二の親友となった。初登場の時点で波紋法を習得しており、シャボン玉を媒介とした波紋の攻撃を得意とする。いつでもシャボン玉を出せるよう、衣服には石鹸水を仕込んでいる。

かつては家族と共に幸せに暮らしていたが、シーザーがもっとも尊敬していた父親が理由も告げずに突如失踪した(家族のための生活費は残していたが、悪い親戚に騙され奪われた)ことから父親を憎み、性格が荒れ放浪するようになる。孤児院に収容されるもその施設を脱走し、ローマの貧民街で(殺人以外の)犯罪に明け暮れる荒んだ青春を送る。このときに行った幾度ものケンカで素拳での一撃を恐れられており、すでに波紋の才能の片鱗を見せている。そして16歳のときローマで父・マリオを発見するが、シーザーが不用意に柱の男に近づいて吸収されそうになったところをマリオが庇い、壁に引きずり込まれ柱の男に捕食され死亡してしまう。このときシーザーは、父親が自分や家族を捨てたのではなく柱の男や吸血鬼との戦いに巻き込まないため自分達に何も告げずに去ったことを知り、祖父と父の遺志を継ぐことを決意する。シーザーを庇う際、切迫した状況のせいか年月のせいかは定かではないが、マリオ自身はシーザーのことを息子と気付かずに死んでいった。しかし、赤の他人さえ命をかけて助けようとしたマリオの気高い精神はシーザーへと受け継がれた。それまでは父を恨み自ら「姓なんて無え」といっていたが、この事件以後は父およびその血統を強く誇りとするようになり、それを侮辱するものには容赦をしないようになった。

罠を承知でカーズたちの隠れ家に単身乗り込み、ワムウを追いつめるもあと一歩のところで敗れる。瀕死の重傷を負いながらも自らの父・祖父が自己を犠牲にして他人を救ったことを思い返し、死力を振り絞ってワムウから解毒薬のピアスを奪い取ることに成功。バンダナに引っかけたリングを自身の血で作ったシャボン玉に入れて飛ばし、ジョセフに託して絶命する。

ジョセフがピアスと共に受け取ったバンダナは形見の品として以降もジョセフが所持し、最終決戦ではそのバンダナをジョセフが身につけて戦った。ワムウに追い詰められた際、そのバンダナを利用することでジョセフはワムウを倒し、シーザーの仇を討っている。

主な技は、衣装に仕込まれている特殊石鹸水に波紋を流し、シャボン玉を発射する「シャボンランチャー」、それを高速自転させて円盤状にして発射できる「シャボンカッター」。シャボンカッターは祖父ウィルの波紋カッターの応用技で、「シャボンカッター・グライディン」としてそのエッジ部分で切断したり、円盤本体を「シャボンレンズ」として屋内に太陽光を送り込んだりもできる(wikipediaより抜粋)

2

本日は以前に紹介した超像可動のジョセフ・ジョースターに続いて、JOJO第二部からのキャラクターであるシーザー・アントニオ・ツェペリの紹介です。このシリーズもこれで31番目となるのですが、初期の頃よりも造形面・可動面ともに向上しており、写真で見る以上に手にとって眺めていると原作を再現している造形の良さに惚れ惚れしてしまいます。彩色についても目立った問題はありません。

3

付属品についてですが、交換手首として両方の手首が繋がった形となりますが「シャボンランチャー」の再現状態。グラディエーションが中々綺麗。

4

シャボンカッターは色違いのものがそれぞれ一つずつ付属。このカッターは固定されてはいませんが、裏側に指のサイズの小さな穴が開いており、そこに差し込んで持たせる仕様となっています。表情パーツは普通のものに加え、猛々しい表情のものの二つとなってます。

5

ジョセフについているかと思っていた「エイジャの赤石」はシーザーについてました。石の部分は透明度の高いクリアーパーツを使用しており、きちんと裏側まで透けています。劇中、赤石はリサリサが身に着けていて、作中終盤ではジョセフが持っていたのでシーザーに付属しているとは思いませんでしたねぇ。

6

最後はジョセフと2ショットで。ジョジョで「主人公とその相棒」ってポジションは存外少なく、この二部の二人と、スティール・ボール・ランの二人ぐらいだったかと思いますので、やはりジョセフを購入したらシーザーも欲しくなりますね。今後二部のキャラクターがリリースされるとしたら二人と対決した事があるワムウか、ボスキャラであるカーズ、キャラクター性で人気のあるシュトロハイムか、実現したら超像可動初の女性キャラになるリサリサあたりかな?

本日は超像可動 シーザー・アントニオ・ツェペリでした。
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

その他 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<figma 伊藤カイジ | HOME | やまとマクロスシリーズ クァドラン・ロー マックス機>>

この記事のコメント

やっぱりジョセフの横にはシーザー欲しいですよね~。シュトロハイムはギミック多いし(笑)、フィギュア向きって感じですね。ポチ!
2011-09-01 Thu 16:53 | URL | misodrill #-[ 編集]
>misodrillさん
拍手有難う御座いますー。jojoの格闘ゲームで「シーザーッ!!…今も我が心に」って演出があったのですが、それとか今でも覚えてますねぇ。今後の二部キャラなのですが、噂によるとWFでカーズとワムウが展示されていたとか。シュトロハイムさんも是非期待したいですっw
2011-09-02 Fri 17:37 | URL | ビンテージ #3fSe.YNE[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。