ミクロの百日間戦争

ミクロマンやそれにマッチする小物類のレビューなどをつらつらと…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

PLAY ARTS改 アダム・ジェンセン

1

元警官でSWATに所属していた過去を持つ。SWATでの作戦中に起きたある事件の責任を問われ退職。その後元彼女であり、サリフ・インダストリーに所属する科学者でもあるミーガン・リードの勧めもあり、サリフ・インダストリーのセキュリティーチーフの職に就く。
サリフ・インダストリーへの襲撃事件が起きた際は、社長のデヴィッド・サリフの密命により極秘ミッションに従事。ミッションの最中何者かの攻撃を受け瀕死の重傷を負い、自らが望むことのないまま人体拡張技術「オーグメンテーション」の処置を施され一命をとりとめる。事件から6ヶ月後、仕事に復帰。襲撃事件に関与した人物を追い孤独な戦いを始める。

2

本日はPLAY ARTS改から発売された、ゲーム「Deus Ex:Human Revolution」主人公「アダム・ジェンセン」のフィギュアを紹介します。ゲームは未プレイ(というか発売延期された為にまだ未発売)なのですが、グラサンをかけた渋い風貌のサイバーキャラというビンテージ好みな感じでしたので思わず購入してしまいました。

可動についてはビンテージのフィグは特に問題は無かったのですが、一部で関節がとても緩いという話もあるので固体差があるのかな? 造形については、パッケージイラストなどと比べてみるとかなり細身な感じ…特に腕が細く、そして長く感じますね。

3

付属品は多くなく、その一つがこのコンバットライフル。交換手首は拳と、トリガーに指を掛けられる手首の二組のみです。

4

もう一つの付属品はちょっと変わっていて、前腕からブレードが飛び出した状態に換装出来る付け替えのアームです。肘から先をすっぱり取り替えるというのは珍しい仕様かも。総評としては、お値段の割りに付属品も少なく、ちょっと割高感が強いアイテムだなという感じです。

本日はPLAY ARTS改 アダム・ジェンセンでした。
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

その他 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<クライシス2 アルカトラズ・ナノスーツ / C.E.L.L. | HOME | 『バルドバレット イクリブリアム』限定版付属セルゲイ・カークランド専用HAWS-MG>>

この記事のコメント

PLAY ARTS改。一つだけ持ってますけど造形、塗装はレベル高いんですけど、可動や付属品は寂しめですよねー。むやみにデカいのもちょっと・・・・。
ポチ!
2011-09-13 Tue 10:38 | URL | misodrill #-[ 編集]
>misodrillさん
拍手有難う御座いますー。そうなんですよねぇ…スネークはそれなりに付属品がついていたのですが、基本的にこの値段で付属品は少なめのものが多いです。
大きさについてもやはりベーシックフィグサイズが日本人的に一番しっくりきますが、それだと造形・可動の面で難しいのか、figmaくらいのサイズが人気ありますよね。このサイズはちょっと大きすぎるかなぁ…いっそ1/6くらいのほうが迫力あっていいですねw
2011-09-14 Wed 16:54 | URL | ビンテージ #3fSe.YNE[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。