ミクロの百日間戦争

ミクロマンやそれにマッチする小物類のレビューなどをつらつらと…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

COMPOSITE Ver.Ka テムジン

1

人類初の量産型バーチャロイドで、ヒーロー然とした外見のバーチャロイド。ビームランチャーとソードが一体と
なった多目的ビームランチャー『MPBL(Multi Pul Beam launcher)シリーズ』を携行し、敵の攻撃を相殺するボムも持っている。極めて汎用性が高く、柔軟な運用を可能とする機体であるため、戦場の主役として常に最前線で用いられている。形式名のMBVは、主戦闘バーチャロイド(Main Battle Virtuaroid)の略。DN社内部の0プラントが生産を行っている(wikipediaより抜粋)

2

本日紹介するのはゲーム「バーチャロン」のプレイヤー機体であるテムジンのフィギュアです。デザイン的には一番最初の第一世代テムジンですね。このCOMPOSITE Ver.Kaというシリーズはデザイナー・カトキハジメが様々なロボットをリファイン・アレンジする…といったコンセプトで、通常とは異なったマーキングが施されています。

さてこのシリーズなんですが物によっては稼動があまり宜しくなかったりするそうですが、その中にあってテムジンは割合優秀なほうかと。定価は五千円強とそれなりにするのですがアマゾンで半額程度で販売されてましたので高評価も相まって購入してみました。

実際弄ってみたところロボット系フィグとしては中々に可動範囲が良好。特に足回りはかなり広く動いてくれて、足の付け根部分の前部にある小さな装甲部分も可動軸がついていて動きに干渉しないようにと設計されているのが良い感じです。造形はやや足長とも思えますが充分許容範囲。機体の各所に使われているクリアーパーツも雰囲気が出ていますね。頭部のアンテナ部分は飾る時用の硬質素材と可動させるのを楽しむ際の軟質素材用の二つが付属。

3

付属品の一つ、MPBL-7mk2-d。所謂ビームライフルですね。

4

もう一つはMPBL-7mk3。こちらもビームライフルなのですが…。

5

ビームフィールド再現パーツを取り付けて白兵戦武器に。刀身だけで機体の大きさを超えています。流石に重くなるので腕の角度によっては保持が出来なかったりもするので、その際にはスタンドでフォローします。

6

付属品3のパワーボム。平手の掌に穴が開いていてそこに接続する事でしっかりと保持出来ます。それにしてもこの名前、プロレス技のほうを思い浮かべてしまうな…w

7

背中には昔懐かしいセガサターン(Vコンバータ)

8

開閉して中にディスクを取り付け可能です。

9

最後の付属品は専用台座。最近バンダイの商品は高めの設定が多いですが、このシリーズも定価はちょっと高めですね。けれど時期すぎてこのように半額くらいならばかなりお買い得ではないかと思います。

本日はCOMPOSITE Ver.Ka テムジンでした。
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

その他 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<REAL STEEL Movie Basic Figure ATOM V1 / ZEUS | HOME | figma・神原駿河>>

この記事のコメント

バーチャロンは最初からver.Kaじゃん!というのは置いといて(笑)。
バーチャロンはマーズを途中で断念した記憶が・・・・巨大剣はいい感じですけど、フィギュア一体に五千越えはよっぽどでないと個人的には厳しいですねぇ。最近では普通に多いですけど・・・・・。
ポチ!
2011-11-24 Thu 10:41 | URL | misodrill #-[ 編集]
>misodrillさん
カトキハジメがデザインした中でもテムジンは特にその色が出てますよね。最近のフィギュアは本当高騰化してますよね。バンダイはそれが特に顕著というか…その割りにクオリティが追いついてないのも多いのが何とも残念ですが(汗
2011-11-26 Sat 10:47 | URL | ビンテージ #wKxqjGDc[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。