ミクロの百日間戦争

ミクロマンやそれにマッチする小物類のレビューなどをつらつらと…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

リボルテックタケヤ 阿修羅

1

阿修羅(あしゅら、あすら、Skt:asuraの音写、意訳:非天)は八部衆に属する仏教の守護神。修羅(しゅら)とも言う。

大乗仏教時代に、その闘争的な性格から五趣の人と畜生の間に追加され、六道の一つである阿修羅道(修羅道)の主となった。

古代ペルシアの聖典『アヴェスター』に出る最高神アフラ・マズダーに対応するといわれる。それが古代インドの魔神アスラとなり、のちに仏教に取り入れられた。古くインドでは生命生気の善神であった。天の隣国だが天ではなく、男の顔立ちは端正ではない。醸酒にも失敗し、果報が尽きて忉利天にも住めないといわれる。

本来サンスクリットで「asu」が「命」、「ra」が「与える」という意味で善神だったとされるが、「a」が否定の接頭語となり、「sura」が「天」を意味することから、非天、非類などと訳され、帝釈天の台頭に伴いヒンドゥー教で悪者としてのイメージが定着し、地位を格下げされたと考えられている。また、中国において「阿」の文字は子供への接頭辞(「○○ちゃん」)の意味合いを持つため「修羅」と表記されることもあった。帝釈天とよく戦闘した神である。『リグ・ヴェーダ』では最勝なる性愛の義に使用されたが、中古以来、恐るべき鬼神として認められるようになった。

仏教に取り込まれた際には仏法の守護者として八部衆に入れられた。なお五趣説では認めないが、六道説では、常に闘う心を持ち、その精神的な境涯・状態の者が住む世界、あるいはその精神境涯とされる(wikipediaより抜粋)

2

本日は以前に紹介した多聞天と同じリボルテック タケヤシリーズの第三弾。三面六臂という異色のフィギュアである阿修羅の紹介です。

造形・彩色はビンテージ的には問題無しで見事なものだと思います。可動については後述するとして、付属品として合掌状態の手首や、弓と矢を持つ手首。宝珠を掲げた手首(宝珠は取り外しが可能)などが付いています。台座も邪鬼を踏みつけている四天王のものとはデザインが異なっています。

3

阿修羅のバストアップ。形状や可動的に似たようなものになってしまう四天王と比べて、阿修羅のみ造形が違う為に弄っていて面白いですね。三面六臂というフィギュアも中々ありませんし。その欲求に応えてくれるように上半身やよく動いてくれますが、一部のリボ球の差込み口に塗料が流れ込んでいるのか動かし辛いものもあるので最初に動かす時は注意が必要です。また、下半身は腰布が軟質素材になっているとはいえ若干可動に干渉しており、布の合わせ部分かに外れてしまう事もあるのも気をつけたほうが良さそうです。

4

リボルテック タケヤの第一弾である多聞天との2ショット。ちなみに同シリーズである四天王と阿修羅には以下のようなエピソードがあるそうで…。

・・・・・・・・・・

阿修羅は帝釈天に歯向かった悪鬼神と一般的に認識されている。しかし阿修羅はもともと天部の神であった。阿修羅が天部から追われて修羅界を形成したのには次のような逸話がある。

阿修羅は正義を司る神といわれ、帝釈天は力を司る神といわれる。

阿修羅の一族は、帝釈天が主である忉利天(とうりてん、三十三天ともいう)に住んでいた。また阿修羅には舎脂という娘がおり、いずれ帝釈天に嫁がせたいと思っていた。しかし、その帝釈天は舎脂を力ずくで奪った(誘拐して凌辱したともいわれる)。それを怒った阿修羅が帝釈天に戦いを挑むことになった。

帝釈天は配下の四天王などや三十三天の軍勢も遣わせて応戦した。戦いは常に帝釈天側が優勢であったが、ある時、阿修羅の軍が優勢となり、帝釈天が後退していたところへ蟻の行列にさしかかり、蟻を踏み殺してしまわないようにという帝釈天の慈悲心から軍を止めた。それを見た阿修羅は驚いて、帝釈天の計略があるかもしれないという疑念を抱き、撤退したという。

一説では、この話が天部で広まって阿修羅が追われることになったといわれる。また一説では、阿修羅は正義ではあるが、舎脂が帝釈天の正式な夫人となっていたのに、戦いを挑むうちに赦す心を失ってしまった。つまり、たとえ正義であっても、それに固執し続けると善心を見失い妄執の悪となる。このことから仏教では天界を追われ人間界と餓鬼界の間に修羅界が加えられたともいわれる。

・・・・・・・・・・

うーん、現代人の感覚からするとやや首を捻ってしまうような部分もありますが、兎も角このような形で四天王と阿修羅は関係があるようですね。元になる神話なども調べながら眺めてみるとより一層楽しめるかもしれません。

本日はリボルテックタケヤ 阿修羅でした。
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

その他 | コメント:6 | トラックバック:1 |
<<S.I.C.極魂サイドバッシャー | HOME | スタークテックアサルトアーマー アイアンマン マークVI>>

この記事のコメント

出た。カオス勢力のラスボスって真・女神転生をやっていないと解りませんよね。
凄い造詣ですね。阿修羅バスターの再現とかは、無理ですよね。この系統で破壊神シヴァとかも出して欲しいですね。後、ヴィローシャナとか。
帝釈天と阿修羅の戦争の話は、政治的な意味合いを含めた教訓だと思われます。
『振り上げた刀の落とし所を見極めないと正しくても悪く言われるよ』と言う意味では無いかと。
2012-04-06 Fri 00:46 | URL | TOMO8 #Tzwnz1rc[ 編集]
こんにちは

マス☆ドリです。

阿修羅カッコいいわぁ~!
名前は知ってても、それ以外は全く知りませんねぇ~(-。-;
勉強に成ります!

神ですよね…
『誘拐して凌辱したともいわれる』
ありなんですかね?

となると、人の過ちは至極当然のような気が…

フィギュア自体の出来はスゴく良いですね。
2012-04-06 Fri 13:51 | URL | マス☆ドリ #-[ 編集]
天部衆のアイドルさんですね(笑)。他より腕や顔の分お得な感じがしますな(笑)。
ポチ!
2012-04-06 Fri 15:54 | URL | misodrill #-[ 編集]
>TOMO8さん
ビンテーシも真っ先に真・女神転生を思い出しましたw 阿修羅バスターは腕の長さが変わらないと難しいですねぇ。説話については意味は理解できてるんですが現代人的な感覚だと受け入れ難い部分があるかなーと。

>マス☆ドリさん
この手の多神教の話は元々あった事などを実話にしてるケースもありますし、何とも難しいとこですよね。フィギュアのデザイナーはクリーチャー系を得意としているそうですが、それが遺憾なく発揮されている感じですね。

>misodrillさん
拍手有難うございますーっ。腕が多いというだけでポージングがこんなに楽しいとは!って強く実感しましたw
2012-04-07 Sat 14:34 | URL | ビンテージ #3fSe.YNE[ 編集]
造形、塗装は凄いと思うんだけど、可動は微妙なんだよね~
リボジョイントが折れそうで怖いよw

合掌状態の手って外れるのですね!
パッケージには外れてる写真があるんだけど、全く外れる気がしないから接着してあるのかと思ってたけど、ビンテージさんのこれ見てると外れてるから、固いだけだったのかな。。
2012-04-08 Sun 00:27 | URL | LIVE-D #-[ 編集]
>LIVE-Dさん
可動については確かに難があるとこありますよね。あの細いリボ球は好きになれないです; あ、合掌手首は外れませんよー; 平手は宝珠を取り外したものなので掌に穴が開いてる状態となります。
2012-04-08 Sun 09:43 | URL | ビンテージ #3fSe.YNE[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

映画.com ニュース] 「シグナル 月曜日のルカ」主演で銀幕デビューを果たす新人女優の三根梓が、幻冬舎文庫の“顔”として、イメージキャラクターに大抜てきされたことがわかった。しかし・・・・ …
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。