ミクロの百日間戦争

ミクロマンやそれにマッチする小物類のレビューなどをつらつらと…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ULTRA-ACT レッドキング

1

火山活動のために無人島になっていた多々良島に生息する怪獣としてチャンドラーやマグラーらと共に登場した。

チャンドラーの右の翼を引きちぎって退散させたり、その咆哮を耳にしたマグラーが地中に姿を隠す等の様子から、島の怪獣の中でも上位の存在であることが描写されている。知能はそれほど高くはなく、頭上に掲げた大岩を自分の足に落として大袈裟なポーズで痛がるなどコミカルな一面を見せるが、自分より小柄なピグモンを岩を投げて殺害する等、本質的には非常に凶暴である。自慢の腕力を使った岩石投げ、体当たりなどを得意とする。ウルトラマンとの戦いでは、岩石投げの際にスペシウム光線を受けて岩石を又もや足に落とし、ウルトラマンに首筋を掴まれチョップを一閃された後にネックハンギングツリーを決められる。そのままウルトラスイングで振り回されて岩に叩きつけられ弱った所にウルトラマンの首投げを食らい、全身を震わせて絶命した(wikipediaより抜粋)

2

本日はULTRA-ACTの怪獣系フィグからレッドキングの紹介です。とはいえざっくばらんな紹介になりそうな感じもも。というのもビンテージ的にこのフィグ、今まで買った同シリーズ的に一番駄目だと感じたからですね。

造形や彩色についてはあまり不満はありません。大きく不満があるのは可動に関してです。少しポージングさせようとまず首をあげようとしてポロッ。腰を捻ろうとしてポロッ。腕を上げさせようとしてポロッ。足を上げさせようとしてポロッ…。そりゃ怪獣系のフィグだから可動範囲がさほど広くなくても仕方ないですが、これはあまりにあんまりかと。最近破損防止の為に折れる前に外れる仕様が多いのも判りますが、流石にこれには萎えました。

3

レッドキングの顔面アップ。口が開閉しますが、上記の理由で首を上げようとすればすぐ外れる仕様なので何だか中途半端にしか開けられず…。

4

付属品の一つは岩。ピン付きの手首と繋げる事が可能なので片手での保持が可能。しかし交換手首は殆ど区別がつかない同じようなものだけってのはどうだろうね…。

5

地面を蹴飛ばして岩を蹴り上げるエフェクトパーツあり。このパーツ、三分割出来ますが分割しても使い道は無いし…これまたなんだかなぁと。

6

対戦経験があるメビウスとの2ショット。造形や彩色は確かに大事ですが、アクションフィグとして発売してるのならやはり可動面には気を使って欲しいです。飾る人用には向いてるかもしれませんが、グリグリと弄って動かす派の人にはお勧めできませんね。ビンテージ的にはストレスの多いアイテムでした。

本日はULTRA-ACT レッドキングでした。
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

その他 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<リボルテック ハンター男剣士 レウスシリーズ | HOME | マーベルレジェンド ファントメックス>>

この記事のコメント

低額の商品なら自分で手を入れる、というのもアリですが、このシリーズはいい加減イイお値段ですからねぇ。
何か買う前判る造形や塗装は格段にレベル上がりましたけど、構造的な工夫は一昔前のフィギュアの方があったような・・・・。
2012-09-13 Thu 13:22 | URL | #-[ 編集]
確かにポロポロしますよね。
リボルテックで外れるの慣れてしまったのか、こんなもんかと思ってしまいましたよw
2012-09-13 Thu 20:46 | URL | LIVE-D #-[ 編集]
すいません、一番上のコメ、misodrillです。
cookieを削除したため、登録してあったのが消えちゃったみたいです。
2012-09-14 Fri 00:24 | URL | misodrill #-[ 編集]
>misodrillさん
このシリーズの値上がりは顕著なだけに、こういうクオリティ低下は本当痛いです。ゲームのように売ったりとかも早々できませんしねぇ。同シリーズでもゴモラやエレキングのほうがここまで酷くなかっただけに、正直この仕様にはガッカリです;

>LIVE-Dさん
ここまでポロるとは正直思いませんでした。試作段階で気がつかないもんですかね…;;
2012-09-16 Sun 08:06 | URL | ビンテージ #3fSe.YNE[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。