ミクロの百日間戦争

ミクロマンやそれにマッチする小物類のレビューなどをつらつらと…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

PLAY ARTS改 スパイク・スピーゲル

1

2044年6月26日、火星生まれの27歳。身長185cm、体重70kg、血液型はO型。 もじゃもじゃ頭で長身痩躯。かつて事故で負った傷のため、右目は義眼でオッドアイ。ジークンドーの達人で、ブルース・リーを師と仰ぐ。ジェリコ941改を愛用し、レース用に開発された機体を改造した高速戦闘機「ソードフィッシュII」を操る。 普段の性格はニヒルで常に脱力気味であるが、有事の際には、ハプニングを楽しみ、危険を愛し、どんな窮地に陥っても軽口を叩く。困難な事を自分の流儀で成し遂げるのを好み、何事も自らの美意識に照らし合わせて行動する。凄腕のカウボーイであるが、賞金首を蹴ったり殴ったりして捕らえようとするため、賞金首の間では捕まりたくない賞金稼ぎの筆頭に上げられている。 かつて、チャイニーズ・マフィア組織"レッドドラゴン"に属していたが、ある事情で組織から脱走。公には死んだ事になっており、その過去の多くは謎に包まれている(wikipediaより抜粋)

4

本日はPLAY ARTS改のシリーズとして発売された、アニメ「カウボーイビパップ」の主人公スパイク・スピーゲルの紹介です。ビンテージはこのアニメがDVD全巻揃えるくらいに好きだったのでフィギュア発売と聞いて一も二もなく予約して購入してしまいました。

さて出来栄えはというと…まず彩色については問題なし。造形については、全体的なフォルムは良い感じで、表現するのが難しい髪型もそれらしさが出ていると思います。ただ表情が一種類な為に再現度は及第点といったところでしょうか。秀逸なのは可動。スパイクはジークンドーの使い手なのですが、それらアクションのポーズを取らせるのが苦ではありませんね。特に股関節まわりの可動は広く、軟質素材を効果的に使ってるのもあり干渉する部分も殆ど感じません。変わっているのはつま先が横ロールだという点。これによって踵を浮かしながら自立するなんてポーズが取れたりします。

2
3

パッケージはアニメのOPを模した感じにフィギュアが撮影されたデザイン。扉を開けると封入されているフィギュアと英文による作品説明。中々お洒落な感じです。

5

このフィグの最大の不満点というと付属品の少なさ。ハンドガン一丁しかありません。確かに特定のアイテムが少ないキャラクターではありますが、最終回で着ていたコートや、割と多用していたハンドグレネード、大体どの話でも口にしていた煙草など付けられるものは色々あったと思うのですよね。同時期に別のプレイアーツのシリーズも購入しているのですがそちらは割と付属品が多く…どうも値段は同じなのに差が激しい気がします。とはいえ、この可動と、そして滅多にアクションフィギュア化されないキャラだけに、ファンならば購入したいアイテムだと思います。

本日はPLAY ARTS改 スパイク・スピーゲルでした。
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

その他 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<PLAY ARTS改 ビシャス | HOME | ズゴック豆腐 / デザートザク豆腐>>

この記事のコメント

うーむ、体型とか顔つきとか、微妙に印象違う気も?
個人的には、肉なしチンジャオロースは外せませんね(笑)。
2012-10-15 Mon 21:51 | URL | misodrill #-[ 編集]
>misodrillさん
顔付きは写真だと結構違う感じもありますが、手にとってみると…ううーん、だんだんと微妙にも思えるようになってきた(笑
肉無しチンジャオロースは第一話と最終話で出てきた、ある意味ビパッフの象徴的アイテムですよねw
2012-10-16 Tue 16:13 | URL | ビンテージ #3fSe.YNE[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。