ミクロの百日間戦争

ミクロマンやそれにマッチする小物類のレビューなどをつらつらと…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

PLAY ARTS改 ダンテ

1

デビルメイクライシリーズの主人公。悪魔でありながら正義に目覚めた伝説の魔剣士スパーダと、人間の母親エヴァの間に生まれた半人半魔のハーフである。それゆえ人間の姿をしていながら、人間離れした技や怪力を自在に操る。普段は人間の姿だが、自分の意思で完全な魔人の姿になることが可能。

普段の言動から軽い性格と思われがちだが、悪魔から人間達を救った父と自分を愛し育ててくれた母を誇りに思っており、父が持つ正義の心と母の優しさをしっかりと引き継いでいる。半人半魔ながら、潜在的な力はスパーダ以上らしい。ピザ屋へのツケや知人からの借金が多いなど、私生活はかなりズボラ(Wikipediaから抜粋)

2

本日紹介するのはPLAY ARTS改のダンテ。以前にリボルテック版を紹介した事がありますが、流石にその頃から年月も経っていますしクオリティとしては当然こちらの方が上。とはいえお値段に沿う出来かと言われれば首を傾げるところで、そこいら辺を検証してみます。

まず造形。顔はまずまずの出来ですが表情が一つしかないのでこのシリーズの欠点で、尚且つ前髪が垂れているのでごまかしが利いている感じ。先日紹介したスパイクにはあまり気になりませんでしたが肩がやや落ちている&腕が長いのが間延びしているよう。可動はコートがやや干渉してきます。一番印象が悪かったのが彩色。如何にも「塗りました!」というテカテカ具合がチープさになっており…ここは大きな減点材料ですね。

5

付属品その1、リベリオン。保持については然程問題なし。

4

二丁拳銃のエボニー&アイボリー。

3

拳銃二丁はホルスターに収納可能。リベリオンは接続パーツを取り付ける事で背負わせる事が出来ます。

6
7

ギター&鎌であるネヴァン。刃の部分を動かして形状を変えます。これらの装備品ってリボルテック版と全く同じなのですがダンテの装備だと他にガントレットやヌンチャクなんかもあるんですよね。リボ版の時は値段的にそこまで求めませんでしたがPLAY ARTS版は値段も値段ですし、そこまで付属して欲しかったですね。けれどスパイクやビシャスと比べればここまで装備がついてくる方がマシなのかな?

本日はPLAY ARTS改 ダンテでした。
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

その他 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<PLAY ARTS改 バージル | HOME | DCダイレクト ジョナ・ヘックス>>

この記事のコメント

このシリーズ、デカいのと遊び心が薄いので殆ど買ってないんですが、これはプレイアーツにしては付属品多いですね(笑)。
キャラ的には気になるのも多いので、もう少し小さい&安ければ買ってるんですが。
2012-10-27 Sat 21:41 | URL | misodrill #-[ 編集]
>misodrillさん
ビンテージもPLAY ARTSは高めな上に場所取るので今まであまり手を出さなかったのですが、今回はラインナップ的に気にいってるものが集中したので立て続けに買ってしまいました;
これくらいのサイズだと飾るにも場所取るし、日本人的にはもうちょっと小さいサイズが嬉しいですよねー。
2012-10-30 Tue 00:19 | URL | ビンテージ #3fSe.YNE[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。